ひと口にUVと言っても

UVとはなにか?

長い時間、UVを受けると日に焼けちゃう事は、数多くのかたが理解してますよね。日焼けする元凶であるUVというものは、一体どういうものでしょうか。

UVというものは、太陽の光の一種で、種類をA波・B波・C波と3つにわける事が可能なのです。ガラスの様な透明なものでは、UVA波というものを遮ることは不可能で、皮ふへ達しています。ガラス窓ごしに太陽光線をあびてたときや、自家用車の運転をしてるときにも、UVA波というものは届いてしまうためサンタンします。

また、太陽光b波についてはオゾン層で遮断出来る為、雲の多い日や、雨が降っている日減退するのです。天候により照射量が変わってるUV量とは、この太陽光B波なんです。

UVC波が日焼けすることに関わることはないのです。それは、紫外線光C波は雲を通れないためなのです。

A波というのは、窓ガラスを通り抜ける事が可能であるため、肌の奥にある真皮へと通りますが、有毒度合でいえばB波程度じゃないと言われてます。

皮ふの日に焼ける事を考えるのであれば、室内でも太陽光を受ける為、常時対策法を施す必要のあるUVなのです。肌の色が小麦色になってしまう事だけは、サンバーンの効果ではじゃないのです。しみやくすみが増加し、肌のたるみや肌の老化原因にもなってしまうものです。

UVで陽焼けをしちゃうのは、お肌を防止するのにメラニン色素を増やす、いわば防衛策です。黒く焼けてしまった肌は元気な印象を人に与えるのですが、美容という点から考えていると皮膚にとっていいことととは言えないため、そのための対処法が大事です。

      2016/11/19

 - スキンケア